0427  人生にもっとブックマークを

 私が20歳だった頃のことを思い出してみた。
 短大生だったので就職活動をしていた。1年の時に留学をしたので、取り損ねた単位を取るために頑張って勉強していた。車の免許を取るために教習所に通っていた。親からの仕送りは家賃だけだったので、食費やお小遣いを稼ぐためにバイトをしていた。高校の頃から付き合っていた恋人と別れた。
 どうしてだろう。20歳の頃のことはいくらでも思い浮かぶのに、最近のことになればなるほどなかなか思い出せない。毎日が同じことの繰り返しで、ただ生きているだけになってしまっている気がする。
 
 だから、君は今を精一杯生きてください。こんな大人にならないように。