1027  それでも私は前を向く

 どれだけ傷付けば、私は強くなれるのだろう。どれくらい涙を流せば、私は赦されるのだろう。
私はとても弱くて泣き虫だけれど、進むべき道をまっすぐ見つめることが出来ている。震えながらも、ちゃんと両足で立っている。とてもゆっくりだけれど、少しずつ前に進んでいる。まだまだ、私はこれからだ。