1201  不完全燃焼の想い

 君が彼女に恋焦がれているのを目の当たりに感じて、私は正直君が羨ましかった。私が誰かを想って胸を熱くしたのは今から遥か昔のことで、その頃の自分を思い出そうとしても、簡単には思い出せなかった。
 ここのところ、ひっそりと点火された想いも火が強くなる前に消火されてしまって、燃えきらなかった想いが炭となってぷすぷすと音を発している。君のように、私も想いを燃やせたらいいのに。



 1202  立ち止まって考えてみる

 私は確かに楽になりたいのかもしれない。毎日が全力疾走で体力的にも精神的にも相当追い込まれてるから、本当は落ち着きたいってのが本音。
 けれど、楽になりたくても、私にはまだまだやらなければいけないことがたくさんあるから、私はまだ楽になることは出来ない。楽な方に逃げたがる私は、今の自分を認めてしまったらすぐに逃げ場に飛び込んでしまうから、常に今の自分を否定して、もっと向上しようと努めてきた。そうやって自分に試練を与えて自分自身を叱咤激励するのが私のやり方だから、いつも周りの人間には、損をしていると言われる。解かってはいるんだけど。
 というかそれ以前に、まず楽にしてくれる人がいないから、逃げ場も何もあったもんじゃないけれど。



 1203  もう一度私を女にしてください

 人差し指で私の体をなぞって、私の反応を眺めてほしい。敏感に反応したら、私は女としてまだまだイケるという自信になるから。
 変な風に思わないで。私は女を実感出来ない毎日から抜け出したいだけ。



 1204  触れると痛む場所

 私は君に相当ひどいことを言ってしまったのかもしれない。きっと君は胸を痛めただろう。その痛みを自分の痛みに置き換えてみる。私は耐えられなくて顔を歪める。
 どうして同じ傷を持つ私達がお互いの傷に塩を塗りあわなければいけないのか。私は君の痛みを取り除いてあげたいのに。君だって、同じだろうに。



 1205  泣き虫な休日

 あんなことくらいで泣いてしまうなんて、私はなんて弱いんだろう。自分でも自己嫌悪するけれど、それでも溢れてくる涙を止めることが出来なかった。
 こんなに些細なことですぐに泣いてしまっていては、この先耐えられないほどの悲しみに襲われた時、私はどうするのだろう。その時はきっと、涙なんて出ないんだろう。



 1206  私は飼い犬

 私はなんでもある程度はこなせるようで、実は何一つ完璧にこなせない人間。だから何かを上手くこなせて誰かに褒められた時、私はまるで自分がした芸を主人に褒められて喜ぶ犬のように尻尾を振って自分の感情を表す。
 ご褒美のおやつはいらない。よく出来ました、と言われて撫でられたいだけ。



 1207  君をもっと理解したいから

 あのね、私の気持ちを理解してなんておこがましいことは言わないから、せめて私の気分をわざと悪くさせるようなことをはやめてほしい。私がちっとも望まないようなことを、どうしてあえてするんだろう。君の真意が解からない。
 けれど、もしも君のことを本当にどうでもいいと思ってたら、こんなに腹が立つこともない。それだけは解かってほしい。



 1208  髪は女の命とはよく言ったものだ

 髪の色を明るくした。気分も少し明るくなった。けれどまだスッキリしない。私の髪はよくうねるから、毎朝ブローをするのが大変。それなら今度はストレートパーマをかけよう。歪んでしまった心も真っ直ぐになるかもしれない。
 男には解からないかもしれないけど、女は髪型次第で上機嫌にも不機嫌にもなれる。



 1209  閉じ込められた本音

 気が重い。けれどそんなことを顔に出すわけにはいかない。
 毎日が忙しく過ぎていくけれど、無理をしてるのは、体よりもむしろ心の方なんです。



 1210  今の私には近づかない方がいい

 些細なことですぐに苛々してしまう最近の私はどうしてしまったんだろう。そんな自分を認めてしまった時、激しく自己嫌悪に陥るけれど、相手に向けた矛先をすぐに逸らすほど私は聞き分けが良くない。
 せっかく楽しい時間を過ごしたいと思っても、私の気の持ちようが間違ってたら楽しめないに決まってる。それなのに私は、楽しくないのは君のせいだと決め付けてしまっている。自己嫌悪はまだまだ続きそうだ。



 1211  私の名前を呼んで

 君の名前を心の中で呼ぶ。愛しい思いを込めて、何度も何度も。すると聞こえるはずのない君の返事が遠くから聞こえてくるような気がする。甘くて優しい声が私の耳をくすぐる。
 私の体は、耳たぶから首筋にかけて熱を持ち始める。このまま熱にうかされてしまいたいと思う。



 1213  君の息遣いは私をさらに高める

 性欲が一番高まった時、誰に抱かれているかを想像するか。それがポイント。私の脳内では、いつもは優しい君がとても大胆になっていて、やっぱり私は君に惹かれているんだなあと実感する。
 本当に好きな女の子は性処理の対象に出来ないと言っていた男がいたけれど、それってとんだ天邪鬼。惹かれている男に抱かれたいと願う私はこんなに素直なのに。



 1214  いつまでも来ない安息の日々

 毎月この時期が来るのがすごく嫌。肉体的にも精神的にも追いつめられて、それでも逃げ場はなくて。
 私には休憩することが許されない。だからせめてひと時だけでも、何もかも忘れて楽しい思いをしたいんです。



 1215  成長痛

 幼少時代を思い出す。それは、背が伸びて、だんだん体が成長していくのを実感していた頃の、毎晩ベッドの中で我慢していた痛みと似ている。
 私が今抱えている君に対する想いは、日々少しずつ成長している。けれど、大きくなっていく想いを心が許容しきれなくて、私の心はズキズキと痛む。心がこの想いを受け入れられる器に育つまでは、再びあの頃のように、私は痛みで眠れない夜を過ごすのだろう。



 1216  愛が足りてない証拠

 食いしん坊な私は、美味しそうな君の唇を狙っている。けれど、自尊心が邪魔をして、まるでそんな態度を出そうとしない。
 君の唇を食した時の感覚を想像しながらお腹いっぱいになろうとする私は、今、間違いなく空腹なんです。



 1217  君の情熱を私の中に出して

 君の頭の中では、私は君にまたがって、君がやめてやめてと懇願しているにも関わらず、容赦なく腰を振っているらしい。今夜、君は想像の中の私に、一体どんなふうに責められるのだろう。
 性処理の手段などいくらでもあるのに、私でしか射精しようとしない君。私はそれを、私に対する君の最上級の愛情表現だと感じる。
 気が付けば、君の願望はいつのまにか私の願望にすり替えられている。私の頭の中では、私は君にまたがって、君がやめてやめてと懇願しているにも関わらず、容赦なく腰を振っている。



 1218  これを読んでいるあなたへ

 私と関われば、あなたはいずれこの日記に登場することになるでしょう。そして私と親しくなればなるほど、あなたはこの日記に頻繁に登場するようになるでしょう。私に関わるということはそういうこと。あなたから受けた影響が私に刺激を与え、私に今の心情を綴らせるのです。

 けれど覚えておいて。日記を読んで自分が登場していると判ったとしても、そのことに触れるような無粋なことはしないでください。
 ここは私の心の中。あなたは今、私の心を覗き見しているのです。全てを曝け出している私を陰からこっそり覗いて、そしてほくそ笑んでください。きっとそれが、私と付き合っていく一番良い方法なんです。



 1220  私の心は君に近づいている

 私はとても我侭で気分屋だから、君は私に振り回されっぱなしかも知れない。私の言葉で一喜一憂する君を見ていると、傷付けてはいけないと思うのだけれど、たまに私に絶対反論しない君を疎ましく思うこともある。
 ねえ、私のことをもっと君に知ってほしい。なかなか素直になれない私は、どういう訳か君に対しては素直でいられるから、どんどん衝突したり、傷付け合ったりしよう。ぶつかってお互いを解かり合っていこう。私ももっと君を知りたいと思う。



 1222  全ての元凶

 私はきっと驕っていたんだろう。今の自分にある程度満足していたけれど、それ自体がきっと間違いだったんだろう。謙虚な気持ちを忘れてはいけない。きっと、そういうこと。
 私は自分を買いかぶりすぎていたことを恥じて、近くにあった穴に潜り込む。



 1225  明るい月の夜

 空から降ってきた小さな月の欠片は私の薬指の上に着地した。角度を変えるとそれはちらちらと輝いて、私の目を細めさせる。
 後を追って、再び何かが降ってきた。月の欠片が濡れる。この温かい液体は雪ではない。



 1227  祭りの後

 楽しい夜は瞬く間に過ぎて、孤独の夜明けがやってくる。楽しめば楽しむほど、後で余計に孤独に感じるのはどうしてなんだろう。
 静かな朝がやってきた。私はまだ、生存している。



 1228  年末の葛藤

 すごくやりたいことと、やっておいた方が後々いいことと、やりたくないけどやらなければいけないこと。全てをこなそうと思っても、時間が足りなさ過ぎて、どれかを切り捨てなければいけないんだけど。
 まずはやらなければいけないことに手を付け始めた私。折角やりたいことをする時間を犠牲にしてやらなければいけないことに取り掛かったというのに一向に進まなくて、いつそれが終わるのか全くわからなくてストレスは溜まる一方。
 とりあえずはもう少し。あともう少し我慢すればまとまった時間が取れる。それまではやらなければいけないことから片付けていこうと思う。



 1229  近くて遠い君までの距離

 もうすぐ行くから待ってて。
 私は私の数メートル先にいる君にそう大声で伝える。微笑みながら手招きをする君の元へ早く駆け寄りたいと願いながらも、まだこの場所から動けないでいる。



 1231  今年もお世話になりました。

 2004年にお世話になった人。
 2004年に出会った人。
 全ての人にありがとう。